前へ
次へ

賃貸管理会社を切り換えるデメリット

賃貸管理会社をチェンジすると、分譲マンション並びにアパートなどを買い求めて運営管理している所有者は利点があります。しかし、入居者においては問い合わせ先や住居の家賃の振込先が変動するなどの負荷が強いられます。とりわけ振込先が変わったことによって、以前は振込手数料がかかっていないケースでも、変更した後から振込手数料が加わるというようなケースもあります。入居者の負担が重いほど、フラストレーションがつのって退去へと結び付く可能性が大きくなるため、賃貸管理会社をチェンジする有益性を伝える、事務手数料がフリーの口座を開設などアフターケアが大事であると言えるでしょう。 また、家賃保証会社の契約の締結が切れるというデメリットがあります。 家賃保証会社というのは、サブリース契約といった転貸契約とは違って、入居者の家賃支払いが停滞した場合に滞納保証にあたる会社ということになります。通常の場合は、賃貸契約時において保証人を取り決めて滞納が生じたタイミングで保証人へと請求することになりますが、保証人を確保できない場合の手立てとして家賃保証会社を保証人という形で家賃保証会社に求めるケースが拡がっています。家賃保証会社には、管理会社をチェンジすると現時点での家賃保証契約を持続できないように決めている会社も少なくありません。そのままの状態でほったらかしていると、入居者が家賃を滞納するケースに回収が行えなくなるので気をつける必要があります。契約の取り交わしの解消が家賃保証会社の契約の締結に影響を及ぼすのかあらかじめチェックしておいた方が良いでしょう。さらに、 旧管理会社とトラブルを起こすデメリットもあります。 管理会社をチェンジすると、旧管理会社サイドから新管理会社に賃貸物件についてのたくさんの必要な関係書類や入居者についての情報などのバトンタッチが施されます。この他に、管理に欠かすことのできない鍵の受け渡しも敢行されます。しかしながら、物件の修繕履歴がさっぱりわからない、鍵をもらっていないなど、旧管理会社及び新管理会社間で引き継ぎがきちんと行なわれていないと、それ以後の運営管理に影響を引き起こすので要注意です。

日常清掃と定期清掃であなたの空間をキレイにします
毎日きれいな空間で安心して生活したいならダイキチカバーオールに清掃を依頼しよう。

清掃レベルはどこにも負けません
日常清掃と定期清掃を組み合わせてきれいな空間を長期的に保ちます。

お客様第一主義の清掃会社
お客様のご負担を抑えたいという気持ちから高品質な清掃サービスを低価格で行います。

病院清掃レベルのサービスを全てのお客様に提供します
病院清掃業で培った知識と技術を用いて、高品質な清掃サービスを行います。

三重県の奥伊勢湖でアウトドアクルージング

Page Top